SSブログ
前の10件 | -
2022年05月17日

山口市議会臨時会 [市議会]

 改選後初の山口市議会臨時会が実施されました。正副議長の選出、常任委員及び議会運営委員の選任、さらに各正副委員長が選出されました。私は今年度新たに誕生した農林水産部を所管する農林建設委員会に所属することとなりました。都市整備は私の得意分野ですが、近年は農業振興の重要性も実感していて、専門的に議論するため同委員会への配属を希望いたしました。今期は議会開会中以外はほぼ毎週、中山間地域を訪問して農業の現場の声を伺うつもりです。
nice!(0) 
2022年05月15日

あぐまるやまぐち [農業振興]

 山口市では中心商店街において、市内の農林水産物や加工品等の販売促進を図ることを目的とする定期的なイベント「あぐまるやまぐち」を開催することとなりました。本市の農林水産物の認知度向上と消費拡大を図ることで、生産者をはじめ農林水産物を取り扱う事業者の販路拡大並びに収益向上を目指すとしています。当然、商店街の活性化と賑わいの創出を図るものです。
nice!(0) 
2022年05月14日

中学校授業参観とPTA活動 [PTA]

 娘が通う大内中学校の授業参観とPTAプロジェクト会議に参加いたしました。授業参観は担任の先生による理科の授業でした。今では当然のことながら全生徒がタブレットPCを利用していますので、時々Wi-Fiの通信速度が低下するらしく改善の必要性を実感いたしました。また、学校運営協議会とPTAが連携して、3つの学校重点目標である知、徳、体ごとにプロジェクトを構成し、各プロジェクトメンバーが中心となって、具体的な活動を企画、実践していく会議に参加いたしました。
nice!(0) 
2022年05月12日

議会基本条例等に関する研修会 [市議会]

 山口市議会は一昨日に続いて会派代表者会議を開き、来週開会の市議会臨時会に向けて準備が進みました。さらに今日は議会基本条例等に関する研修会も実施されました。条例策定には私も当時委員として参画しており、この4年間も議会改革検討協議会に臨席しながら修正を見守ってまいりました。研修を受講しながら改めて気づくことも多く、たえず初心に立ち返って謙虚に精進しなくてはなりません。
nice!(0) 
2022年05月09日

結婚申込みの思い出 [プライベート]

 妻の父が他界して葬儀も終わり一段落しましたので、私たち夫婦の仲人をしていただいた方がご焼香に妻の実家を訪問されました。私も同席いたしましたが、私が義父に妻と結婚することをお願いした時の思い出話をされました。すっかり忘れていましたが、仲人として同席し緊張したとのことでした。「娘さんのみならずご両親も幸せにします」と言った記憶がありますが、幸せどころか県議選に落選した際には経済的にも負担をかけたり苦労をかけました。初心に帰って幸せな家庭を築かなくてはと、当時を思い出しながら決意したところです。
nice!(0) 
2022年05月08日

嘉村磯多生家 帰郷庵 [市政]

 山口市北部の中山間地域にひっそりと佇む古民家があります。私小説家である嘉村磯多の生家が保存してあり、帰郷庵との名称で文学と自然の融合した空間として、スローライフ体験ができる施設として開放されています。嘉村磯多は明治44年に私の母校の前進である山口中学に入学、文学に関心を抱く一方、哲学や宗教へも関心を深めていきます。大正から昭和にかけて東京の文壇で活躍し、多くの作品を残しました。昭和8年に病で35年の生涯を閉じましたが「私は都会で死にたくない。異郷の土にこの骨を埋めてはならない。」との言葉を残しています。
nice!(0) 
2022年05月07日

「徳地」へおいでマルシェ [イベント]

 山口市と「重源の郷及び徳地地域活性化プロジェクトチーム」が共に主催するイベント「重源さんゆかりのパワースポット「徳地」へおいでマルシェin重源の郷」が開催されました。会場では徳地地域のとれたて野菜や加工品が「おしゃれな市場」で販売されていました。テントサウナが体験できるコーナーもあり、テントの中からは緑豊かな景色も楽しめて、とても癒されました。

nice!(0) 
2022年05月05日

お通夜 [プライベート]

 昨日他界した妻の亡父のお通夜がいとなまれました。家族葬ということで久しぶりに妻の三姉妹とその家族が集まり、さらにはごく近い親戚と隣人の皆様にご焼香賜りました。三姉妹はお通夜のまま葬儀場に宿泊し、その3家族は別の会場で会食をいたしました。義理の兄弟とはほぼ同年齢で、久しぶりの再会でしたが違和感なく亡き義父の思い出話をいたしました。明日は告別式、火葬、初七日法要とほぼ終日ご葬儀に伴う行事となります。
nice!(0) 
2022年05月04日

臨終の立ち合い [プライベート]

 本日19時30分頃、妻の父が自宅で他界いたしました。義母と三姉妹、私の子ども達が見守る中、静かに息を引き取りました。危篤状態は続いておりましたが、私も仕事がありましたので18時頃妻の実家を訪問し、そこから義父の様子に変化があらわれ、家族が語り掛ける中少しづつ息が止まり、最後に心臓が停止しました。私が臨終に立ち会ったのは亡き両親以来ですが、ともに癌を患い病院で死亡しておりますので全く異なる体験をいたしました。亡き父はまだ50代でしたので最後は心臓マッサージといった延命治療も施されましたが、亡き母はホスピスでしたのでピアノ演奏のなか穏やかな臨終でした。明日からはお通夜と葬儀、慌ただしい日々が続きます。
nice!(0) 
2022年05月03日

危篤 [プライベート]

 妻の父が高齢のため自宅で危篤状態となりました。岡山大学に通う息子も帰省し、なんとか臨終に間に合いそうです。昨年末に病院を退院し、自宅で家族の介護を受けながらの闘病生活が続いています。自宅で愛する家族に見守られながら人生の最後を迎えることは理想ですが、私も初めての経験でこれからどうなるのか不安も感じています。
nice!(0) 
前の10件 | -